ヴォルフガング・ティルマンス、5年振りの個展 @ワコウ・ワークス・オブ・アート


wolfgang-tillmans-affinity

©Wolfgang Tillmans

 

ヴォルフガング・ティルマンス新作展「Affinity」、ワコウ・ワークス・オブ・アートにて開催。

 

5年ぶり、5度目の個展となる今回は、世界各地を旅しながら撮影をおこなった最新プロジェクト「Neue Welt(新しい世界)」からの新作のほか、印画紙に直接光や感光乳剤で操作を加えた結果、抽象絵画のような画面が生み出された「Silver」シリーズからの最新作、また、フレームをもちいず壁にクリップで直接シートを展示する2メートル以上の大型インクジェット作品などを展示。

なお今回、中心となる作品にフレーミングとサイズを一新した新たなフォーマットを採用。

 

 

日本でも人気の高い写真家「ヴォルフガング・ティルマンス」。

 

世界的にグランジブームが巻き起こった80年代後半から90年代にかけて、「i-D」「THE FACE」などで作品を発表、身近な人物や、モノ、風景などをスナップ的に捕らえた写真で注目を浴びる。

2000年にイギリスで活動する若手の芸術家に贈られる「ターナー賞」を受賞。作風も現代アートの方向へとシフトしていく。

かつて「世界とつながるために写真を撮る」と言っていたティルマンス。時代とともに変化していく、自分を取り巻く状況。その変化に合わせるように表現も進化し続ける。

 

 

Wolfgang Tillmans :  http://tillmans.co.uk

オフィシャル・サイトではこれまでの作品、展覧会、メディアでのインタヴューなどが総覧できる。

 

■Wolfgang Tillmans「Affinity」
2014年1月18日(土)~2014年3月15日(土)
11:00~19:00 (日・月・祝休み)
会場: ワコウ・ワークス・オブ・アート
東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
tel: 03-6447-1820

http://www.wako-art.jp/