MAKAVELIC TOKYO 1st ANNIVERSARY Party @ WALL&WALL



 

「MAKAVELIC TOKYO」オープン1周年を記念して青山のクラブでアニバーサリーパーティーを開催

 
都会的な洗練と大人のコダワリが詰まったバッグブランド「MAKAVELIC(マキャベリック)」。2013年にブランドをスタートし2015年には初の路面店を東京・渋谷に出店。その後、ニューヨーク、ロンドン、シドニーなど海外での展開も順調に進めている。

さらに来る9月2日には2店目となる路面店を大阪・堀江にオープンする事が決定している。
 
オン&オフを問わず、あらゆるシーン、スタイルにマッチする普遍的な魅力を持ったプロダクトでコンテンポラリーで革新的なライフスタイルを提唱する「MAKAVELIC」が、路面1号店の「MAKAVELIC TOKYO」のオープン1周年を記念したパーティーを、この9月に表参道交差点に新しく誕生する多目的スペース「WALL&WALL」で8月26日(金)に開催したので、その模様をご紹介したいと思う。

 

・ ・ ・

 
 
会場に到着すると、フロアでは”DMC WORLD CHAMPION”の「DJ IZOH(ディージェイ・イゾー)」がプレイ中。
さすがの超絶パフォーマンスに唸る。
 

 
続いて登場したのは、「INFINITY16(インフィニティ・シックスティーン)」。
90年代に結成された横浜出身のレゲエサウンドシステム。世界大会での優勝経験もあり。
湘南乃風のSHOCK EYEと若旦那も元メンバーだ。
 
 

DJ IZOH
年のせいか人混みは疲れる……。
ラウンジでフリーのビールを飲んでいると、出番を終えた「DJ IZOU」さんを発見!
ノリでインタビューを申し込んだら快く応じてくれた。いい人!
 

── 今巷で大人気の「フィリースタイルダンジョン」の先日のスペシャルプログラムに出演してましたが、このブームについてどう思います?

今までHIPHOPに全然興味がなかった人にもああいったシーンを知ってもらえるって事はいいと思う。それがきっかけでHIPHOPに興味を持ってもらったり、シーン全体が活気ずいてくれれば嬉しいですね。
 
── 初心者にもオススメのHIPHOPアーティストは?
僕が一番好きなMCは「NAS(ナズ)」ですね。是非聞いてみて下さい。

 

 
本日のトリを勤めるのは、トーキョー生まれヒップホップ育ちのMC「AKLO(アクロ)」。
例のフリースタイルダンジョンに審査員として出演したりと、幅広い活躍を見せる。
う〜ん、スタイリッシュ!
 
aklo
 

そろそろおじさんの活動限界が近づいてきました……。
最後にMAKAVELICディレクターの北嶋さんにコメントをいただきました。
 

── 北嶋さんはHIPHOP世代なんですか?
そうですね、HIPHOPばかり聞いていました。
 
── バッグにはHIPHOPっぽさはあまり入れていないんですか?
今はHIPHOPだからこうっていう感じでもないですし、限定しちゃうよりいろんな人に合わせて使って貰えるほうがいいですね。
会社にも持って行けるし、もちろんストリートにも合うプロダクト作りを考えています。
でも「Wu-Tang Clan」や「Billionaire Boys Club」などとコラボした商品はありますね。
 
── 今後の展開は?
9月に大阪に路面店を出して、あとはこれからアジアにも販路を広げていきたいと思っています。

 

 
■ MAKAVELI オフィシャルサイト : http://makavelic.com/