「H&M デザインアワード 2014」決定。今年の優勝者は?


Eddy Anemianのコレクション

Eddy Anemianのコレクション

若手デザイナーを支援することを目的に2012年に設立された「H&M デザインアワード」

2014年はベルギーの芸術学校ラ・カンブルで学ぶフランス出身のEddy Anemian(エディー・アネミアン)が、見事栄冠を勝ち取った。

賞金5万ユーロ(約700万円)と、「H&M」限定店舗でのアイテム販売の機会が与えられる。

 

2013年の優勝者Minju Kim(ミンジュ・キム)のコレクションは日本では渋谷店で販売され、初日で完売している。

今回も、争奪戦が予想される。

 

今回のコレクションは、「They Can Cut All The Flowers, They Cannot Keep Spring From Coming(すべての花を摘んでしまっても、春は来る)」がテーマ。映画「私は愛」や画家Dominique Ingres(ドミニク・ アングル)からインスピレーションを得たロマンティックな世界観と技術面が高く評価された。

 

日本でも、こういったオープンで即ビジネスに繋がるようなコンテストが、もっと増えて欲しいと思う。現在でも登竜門的な賞はあるにはあるが、端からみてるとややクローズドな印象を受けるのは思い過ごしであろうか?